歓声を上げて、そり遊びを楽しむ児童(高島市・箱館山スキー場)滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で1日、京滋のトップを切ってスキー場開きがあり、京阪神から招かれたスキー客に交じって、地元の今津北小の1年生がそり遊びを楽しんだ。

児童の招待は地元貢献事業の一環で、昨年に続いて2回目。同スキー場には、全長50メートル、幅50メートルのそり専用のゲレンデがあり、子どもたちはスキー客を気にしないで遊べる。

カラフルなスキーウエア姿の児童たちは、赤色や青色のそりを持って、ベルトコンベヤーに似た「動く歩道」で緩斜面を上り、2、3人でスピードを競いながら滑走していた。中には、スノーボードを真似て、そりに立って滑り降りるの子もいた。児童たちは「雪は冷たいけど、寒くない」と元気に話していた。

同スキー場の一般営業は3日から。
(京都新聞)