エレクトロニック・アーツ株式会社は、任天堂株式会社と共同で、2005年11月発売予定のニンテンドーゲームキューブ用アクション「SSX On Tour」に関するパートナーシップを発表した。これによって、“任天堂オールスター”のキャラクタ「マリオ」、「ルイージ」、「ピーチ姫」がゲーム内に登場する。



「SSX On Tour」は、雪上を滑走するスノーボードをリアルに再現したアクションゲーム「SSX」シリーズの最新作。今作では、スノーボードだけではなくスキーも登場し、一味違ったアクションが楽しめる。また、雪山を舞台にさまざまなイベントが用意された「オンツアーモード」や、オリジナルキャラクタのカスタマイズ機能なども新たに実装されている。

エレクトロニック・アーツと任天堂のコラボレーションとしては、同じ「EA SPORTS BIG」ブランドから5月に発売されたGC「NBAストリートV3 マリオでダンク」に次いで2本目の作品となる。

今回の発表について、現在、同作の開発を手がけているEAカナダのジェネラル・マネージャーであるジョン・シャパート氏は、「“EA SPORTS BIG”ブランドの作品に関して任天堂と画期的なパートナーシップを組めることを、EAとして大変光栄に思っています。マリオ、ルイージ、ピーチ姫はゲーム史上最高のキャラクタであり、彼らを“SSX On Tour”に登場させられることは、まさに感無量です」とコメント。

また、ニンテンドー・オブ・アメリカのセールス&マーケティングのエグゼクティブ・バイスプレジデントのレジー・フィザメィ氏は、「前回EAからバスケットボールを渡されたマリオは、見事期待に応えてくれました。今度は、任天堂とEAの革新的なパートナーシップのおかげで、マリオたちはゲレンデに繰り出すことになります。これまでにも雪山を旅したことがあるマリオですが、こんな猛スピードでの疾走は初めて。彼のヒゲが凍らないことを祈ります」と述べている。

なお、「SSX On Tour」はプレイステーション 2版も発売されるが、“任天堂オールスター”が登場するのは、ニンテンドーゲームキューブ版のみ。PS2版とGC版は、この登場キャラクタのみが異なる。
(impress Watch)