長野県内スキー場のトップを切って、軽井沢町の「軽井沢プリンスホテルスキー場」が1日にオープン。隣県や首都圏を含め若者グループ、家族連れ約1500人が、赤や黄色に色づいた林を縫って初滑りを楽しんだ。

例年は1コースで開場するが、今年は神奈川県箱根町の施設から新たに計200トンの造雪機を移設して先月から日量計350トンの雪づくりを始め、くりの木(全長380メートル)とプリンスゲレンデ(同400メートル)の2コースが滑走可能になった。

オープン式では先月29日、同町内で挙式した埼玉県寄居町の会社員、伊藤正久さん(30)、聖子さん(27)夫妻が、タキシードとドレス姿で「ウエディング滑走」を披露し、大勢の祝福を受けた=写真。今月下旬から195基の降雪機を稼働させて全12コースを整備、来年4月2日まで営業する。
(毎日新聞)